学部受験生の方へ

北海道大学入学案内のページへ

アドミッション・ポリシー

歯科医師は口腔の健康管理を通して心身の健康管理に寄与し,人々の生活の質を高める職業である。

北海道大学歯学部では,歯科医療の高度化と専門化及び高齢化の進む社会において国民の期待に応える歯科医師を養成するために,歯科医療を通して人の生活の質を向上させることに奉仕したいと考えている学生,歯科医療に関する専門的な知識や技術を習得するだけでなく,医療人としての倫理観や高い人間性を獲得したいと考えている学生,同時に多数の教科を学ぶことのできる柔軟な学習能力を持った学生を求めている。

カリキュラム・ポリシー

【教養教育・基礎教育】
1年次学生は総合教育部において,北海道大学のカリキュラム・ポリシーに沿った人材育成が行われます。

【専門教育】
歯科医師,歯学教育者及び研究者の育成にあたり,歯学教育モデルコアカリキュラムを網羅する基礎的教育を充分に行うとともに,歯科基礎医学および歯科臨床医学の各専門分野における発展的教育を積極的に行い,知識,技能,態度をバランス良く修得できるよう体系的に配置した専門科目をもって教育課程を編成・実施します。これにより,歯科医学における高度な学問的素養及び自律的に知的活動を展開させる能力の育成をはかります。また,歯学に必要な英語を修得する授業を配置し,留学機会を得る科目を設定して,国際的に活躍できる人材を育成します。

【教育の質保証】
各専門科目における厳正な成績評価を行うとともに,客観試験である共用試験に合格することを卒業認定に採用しています。歯学部教員の教育資質を高める教員研修,学修や進路相談等の学生支援,教育制度の評価により制度改革を持続的に進める教学評価を実施しています。

ディプロマ・ポリシー

歯学部の教育理念は,北海道大学の基本理念である,「フロンティア精神」,「国際性の涵養」,「全人教育」及び「実学の重視」を根本とし,『口腔の健康管理を通じて全身の健康の保持増進を図るため,歯学及び歯科医療に関する専門的な知識及び技術を教授することにより,医療従事者としての職業倫理,豊かな人間性及び課題探求心を備えた歯科医師,歯学教育者及び研究者を育成することを目的とする』(歯学部規程第1条の2)。歯学部は,歯学部歯学科における所定の単位を修得し,上記能力を持つ人材として認められる学生に対し,学士の学位を授与します。

学生生活について

北海道大学歯学部の特徴的なカリキュラム
新入生合宿研修 学生生活全般にわたるガイダンス・オリエンテーションを、入学直後に1泊2日の日程で行う。
多くの教員・上級生が参加する。
歯科学概論Ⅰ・Ⅱ 2年次に開講される学習意欲向上を目的とした講義。歯学部のすべての教授が参加し、
生命・倫理などについてのディスカッションを中心に行うものと、
歯学臨床のトピックスなどについての講義がある。
早期臨床体験演習(Early Clinical Exposure=ECE) 2年次の8月末~9月中旬にかけて行われる。学生は2名1組で開業歯科医や病院歯科に派遣され、
見学実習を行う。
全人教育演習 3年次前期と4年次前期で行われる。1学年2~3名、4~6名1組で、
毎週金曜日の4講時に教授、准教授、講師、のもとを訪れディスカッションする。
臨床基礎実習の統合 3年次~4年次の臨床基礎実習(ファントム実習)を統合して行う。
臨床実習 5年次前期~6年次後期に実施される。歯科医療を中心とした臨床実習の他に、
後期臨床体験実習(5年次前期=Late Clinical Exposure=LCE)、 病棟実習、症例検討、臨床講義、
および臨床教授制度による学外実習など、幅広い臨床教育を行う。
アクティブラーニング科目 2, 3, 5年次に行われる。
6~8名の小グループにおいて、資料収集、議論、成果の作成と発表を行う。
歯科医師・歯科医学研究者および教育者を目指す者が基本的に備えるべき、科学的概念とその手法の正当性について理解し、自ら問題を発見し、解決する能力を涵養する。