教授挨拶Professor's Message 教授挨拶

 

沿革

北海道大学大学院歯学研究院歯科保存学教室のホームページをご覧いただきありがとうございます。本講座は昭和42年6月北海道大学歯学部および歯学部附属病院の設置と同時に開講し、同年7月岡田泰紀先生が初代教授として就任されました。昭和56年4月岡田教授の定年退官された後、昭和57年1月に下河邊宏功助教授が教授に就任されました。平成9年3月に下河邊教授が定年退官された後、平成9年11月に私が教授に就任しました。

当教室について

保存修復学教室は教育活動・先進的な保存修復治療・生体材料分野や他の学問的な観点から開発される革新的な歯科材料・診療技術の開発を行っております。これにより口腔の健康を支え、より質の高い生活を送ることが可能な社会を目指しております。

本ホームページには保存修復に関する解説も行っております。ぜひそちらも御一読ください。

佐野英彦

DDS, Ph.D

History
Welcome to the Department of Restorative Dentistry, Graduate School of Dental Medicine, Hokkaido University. Our department was established in 1967, the same year of establishment of this school. Dr.Yasunori Okada was the first professor and he took charge on July 1967. Dr. Wataru Shimokobe followed Dr. Okada on January 1982. After Dr. Shimokobe, I succeeded the position of professor on November, 1997.

Aim

The Department of Restorative Dentistry dedicates its efforts to improve the oral health and well-being of the people through,
(a) providing high quality educational and technical programs for dental students
(b) providing the newest treatment restorative dental procedures in our clinic for the patients.
(c) engaging in oral health science aiming to innovate dental materials and technics from the view of the biomaterial’s field and also in other scholarly activities.


We always welcome you cordially to our website and hope you will find it interesting. We will be persistent in answering your queries. Browse this web site and learn more about restorative dentistry. Thank you.

Hidehiko Sano
DDS, Ph.D

教授信

欢迎来到北海道大学牙科医学院齿科保存科室

牙科医学院成立于1967年, 同年成立了齿科保存科室。1967年7月,yasunori okada先生成为了齿科保存科室的第一任教授。Wataru Shimokobe于1982年1月接任了教授一职。 1997年11月,我成为齿科保存学教授。

口腔保存科室旨在于改善患者的口腔健康和提高人民生活质量。为此, 我们竭尽全力为齿科学生们提供高质量的教学与专业的技能,为患者提高最先端的齿科保存技术,同时致力于齿科生物材料的研究。

我们诚挚的邀请您来访问我们的网站以便更多的了解齿科保存学。欢迎各位访问者提出宝贵的意见与建议。我们会认真回复。非常感谢。

此致敬礼

佐野英彦 牙科博士