助教 長谷川 智香


略歴

平成21年 3月31日 北海道大学歯学部卒業
平成21年 4月 1日 北海道大学病院歯科診療センター臨床研修
平成22年 4月 1日 北海道大学大学院歯学研究科硬組織発生生物学博士課程入学
平成26年 4月 1日 北海道大学大学院歯学研究科硬組織発生生物学 博士研究員
平成27年 4月 1日 北海道大学大学院歯学研究科硬組織発生生物学 助教


研究についての近況

平成22年4月より、本教室に入局いたしました。現在、骨に関する知識の充実を図るとともに、研究に必要な手技の修得に励んでおります。大学院での研究生活にて学んだことを、着実に自分のものとしていくことができるように努力したいと思っております。 現在、歯根膜のコラーゲン線維の改変を解明する一助として、コラーゲン合成に必須なアスコルビン酸を欠如するODS od/odラットにおける臼歯歯根膜を組織化学的に検索しております。

受賞歴

IOF-ANZBMS(オーストラリア骨代謝学会) Travel Award
血管石灰化における微細構造学的気所の解明―klotho-/-マウス血管平滑筋細胞のtrans-differentiationと基質小胞形成―.2011

第24回北海道骨粗鬆症研究会 優秀論文賞(Best paper Award)
石灰化における組織非特異型アルカリフォスファターゼの作用機序-トランスジェニックマウス作成とその微細構造解析-.2012

IOF-ANZBMS(オーストラリア骨代謝学会) Travel Award
Disrupted signaling of FGF23/klotho induces not only vascular calcification. 2013

平成25年度北海道大学大塚賞

第34回日本骨形態計測学会 若手研究者賞
卵巣摘出カニクイザルにおけるエルデカルシトールの効果−組織化学的検索−.2014

ASBMR 2014 Annual Meeting Young Investigator Travel Grant (Plenary Poster Session)
Eldecalcitol, a new-generation vitamin D3 analog, increases trabecular bone via “minimodeling” in ovariectomized cynomolgus monkeys. 2014

第1回日本骨免疫学会 優秀演題賞
RANKL遺伝子欠損マウスの骨組織に局在する破骨細胞様大型細胞について.2015


学会所属

北海道歯学会
北海道骨粗鬆症研究会
歯科基礎医学会
日本骨代謝学会
日本解剖学会
日本骨粗鬆症学会