2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011


著書 2011年(平成23年)

1 N Kakudate, M Morita, S Fukuhara, M Kawanami, I Chiba: Scale Development to Assess Psychological States in Dental Patients. Dental Composites. Nova Science Publishers, New York City, 2011.
 


総説・解説・評論 2011年(平成23年)

1
2
3
4


原著論文 2011年(平成23年)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11


その他 2011年(平成23年)











著書 2010年(平成22年)

1 菅谷 勉:第3章 各種症例における臨床と画像診断.1,歯牙・顎骨などの硬組織病変.5)歯牙顔面骨折.a.垂直歯根破折.清水正嗣,神田重信編 口腔画像臨床診断学.株式会社アークメディア,東京,376-377,2010.
2  M Morita, N Kakudate, I Chiba, M Kawanami: Assessment and enhancement of oral care self-efficacy. Developments in higher education. Nova Science Publishers, New York City, 183-196, 2010. 


総説・解説・評論 2010年(平成22年)

1 菅谷 勉,山本俊樹,伊部裕子,川村直人:垂直破折歯根のよりよい接着治療を求めて.ザ・クインテッセンス,29(4):80-94,2010
2 菅谷 勉,田中佐織,元木洋史,川浪雅光,木村喜芳,野口裕史,加藤 熈:垂直破折歯根の接着治療とその診断.(1)診査結果に基づく保存・抜歯の見極めと,治療法の選択.歯界展望,116(1):52-59,2010.
3 菅谷 勉,大谷香織,川浪雅光,富田真仁,長谷川有紀子,加藤 熈:垂直破折歯根の接着治療とその診断.(2)術式の実際と治療経過の分析.歯界展望,116(2):242-249,2010.
4 Kakudate N, Morita M, Fukuhara S, Sugai M, Nagayama M, Kawanami M, Chiba I: Application of self-efficacy theory in dental clinical practice. Oral Dis; 16: 747-752, 2010.


原著論文 2010年(平成22年)

1 N Kakudate, M Morita, M Sugai, M Nagayama, S Fukuhara, M Kawanami, I Chiba: Comparison of the dental practice income and expenses according to treatment types in Japan. Japanese Dental Science Review, 46: 4-10, 2010.
2 N Kakudate, M Morita, S Yamazaki, S Fukuhara, M Sugai, M Nagayama, M Kawanami, I Chiba: Association between self-efficacy and loss to follow-up in long-term periodontal treatment. Journal of Clinical Periodontology, 37: 276-282, 2010. PMID: 20088980
3 H Harahashi, T Odajima, T Yamamoto, M Kawanami: Immunohistochemical analysis of periodontal reattachment on denuded root dentin after periodontal surgery. Biomedical research 31(5): 319-328, 2010.PMID: 21079362
4 H Masuki, M Li, T Hasegawa, R Suzuki, G Ying, L Zhusheng, K Oda, T Yamamoto, M Kawanami, N Amizuka: Immunolocalization of DMP1 and sclerostin in the epiphyseal trabecule and diaphyseal cortical bone of osteoprotegerin deficient mice. Biomedical research 31(5): 307-318, 2010.PMID: 21079361
5 Miyaji H, Sugaya T, Ishizuka R, Tokunaga K, Kawanami M: Root surface conditioning with bone morphogenetic protein-2 facilitates cementum-like tissue deposition in beagle dogs. J Periodont Res, 45: 658-663, 2010.PMID: 20546108
6 Inoue K, Miyaji H, Sugaya T, Kawanami M: Ectopic Bone Induction by BMP-loaded Collagen Scaffold and Bone Marrow Stromal Cell Sheet. J Oral Tissue Engin, 8(1): 19-29, 2010.JST.JSTAGE/jarde/8.19
7 Kato A, Miyaji H, Kosen Y, Yokoyama H, Ishizuka R, Tokunaga K, Inoue K, Henmi M, Tanaka S, Sugaya T, Kawanami M: Periodontal healing by implantation of collagen hydrogel-sponge composite in one-wall infrabony defects in beagle dog. J Oral Tissue Engin, 8(1): 39-46, 2010. JST.JSTAGE/jarde/8.39
8 Kobayashi N, Miyaji H, Sugaya T, Kawanami M: Bone Augmentation by Implantation of FGF2-loaded Collagen Gel-sponge Composite Scaffold. J Oral Tissue Engin, 8(2): 91-101, 2010.JST.JSTAGE/jarde/8.91
9 Kakudate N, Morita M, Sugai M, Nagayama M, Kawanami M, Sakano Y, Chiba I: Development of the self-efficacy scale for maternal oral care. Pediatr Dent, 32: 310-315, 2010.PMID:20836950









著書 2009年(平成21年)


1 野村正子,川浪雅光:歯周病患者への医療面接と検査.伊藤公一,高阪利美,野村正子,川浪雅光,小田 茂,坂井雅子,岩崎剣吾,秋月達也,鈴木基之,鍵和田優佳里,和泉雄一,村上恵子,澁谷俊昭,林丈一朗,申 基普C西村英紀,河野隆幸,吉江弘正,山本幸司,古市保志,佐藤 聡,柴正悟,曽我賢彦,茂木美保:特定非営利活動法人日本歯周病学会編 歯科衛生士のための歯周病治療ガイドブック ―キャリアアップ・認定資格取得をめざして―.特定非営利活動法人日本歯周病学会,東京,13-42,2009.
2 菅谷 勉,川浪雅光:根分岐部病変.和泉雄一,沼部幸博,山本松男,木下淳博:ザ・ペリオドントロジー.永末書店,東京,185-189,2009.
3  菅谷 勉:歯根破折.恵比須繁之編:エンド難症例.メカニズムと臨床対応.医歯薬出版,東京,70-73,2009.


原著論文 2009年(平成21年)

1 N Kakudate, M Sugai, M Morita, M Kawanami: Systematic cognitive behavioral approach for oral hygiene instruction: a short-term study. Patient Educ Couns, 74(2):191-196, 2009. PMID:18834691
2 S Shimoji, H Miyaji, T Sugaya, H Tsuji, T Hongo, M Nakatsuka, KU Zaman, M Kawanami: Bone perforation and placement of collagen sponge facilitate bone augmentation. J Periodontol, 80(3): 505-511, 2009. PMID:19254135
3 A Saito, E Saito, R Handa, Y Honma, M Kawanami: Influence of residual bone on recombinant human bone morphogenetic protein-2-induced periodontal regeneration in experimental periodontitis in dogs. J Periodontol. 80(6): 961-968, 2009. PMID: 19485827
4 菅谷 勉:垂直破折歯根の接着治療最前線.北海道歯学雑誌,30:3-10,2009.
5 Tenkumo T, Sugaya T, Kawanami M, Gelinsky M, Watari F: Efect of Crosslinking Agent in Nanohydroxyapatite-collagen Composite on Ectopic Bone Formation with BMP-2 Application. Nano Biomed, 1(1): 26-33, 2009. JST.JSTAGE/nano/1.26
6 元木洋史,菅谷 勉,川浪雅光:セメント質剥離破折による歯周組織破壊と破折面への細菌付着.日歯保存誌,52(5):411-418,2009.
7 Tenkumo T, Sugaya T, Kawanami M, Watari F: Efect of Nano-hydroxyapatite content on bone formation in nano-hydroxyapatite-collagen composite membrane with BMP-2 application. Nano Biomed, 1(2): 159-166, 2009.
8 中塚 愛,菅谷 勉,川浪雅光,加藤 熈:エアーソルフィーのチップ形状と操作条件が根面粗さと歯石除去効率に及ぼす影響.日歯保存誌,52(6):460-468,2009.









総説・解説・評論 2008年(平成20年)

1 菅谷 勉:テーブルクリニック"臨床の新機軸を追及する"効率的・効果的なフラップ手術.道歯会誌,63,35-37,2008.
2 宮治裕史,菅谷 勉,加藤昭人,齋藤 彰,小田島朝臣,齋藤恵美子,川浪雅光:BMPを用いた歯周組織再生療法の開発.日本歯科評論,786,39-40,2008.
3 菅谷 勉:歯っておきたい専門外来.北海道大学病院「歯ぎしり」専門外来.新聞クイント,153,4,2008.
4 川浪雅光,池田雅彦,菅谷 勉,三上 格:口腔機能回復(修復・補綴)治療−固定・ブリッジ・義歯・インプラントの選択−.吉江弘正,川浪雅光,池田雅彦,坂上竜資,高柴正悟,角田正健,三辺正人,渡邊 久,菅谷 勉,内藤 徹,児玉利朗,三上 格,宮田 敦:特定非営利活動法人日本歯周病学会編 歯周病の検査・診断・治療計画の指針2008. 特定非営利活動法人日本歯周病学会,東京, 32-35, 2008.
5 川浪雅光,齋藤 彰,加藤 熈,菅谷 勉,小田島朝臣,宮治裕史,齋藤恵美子:歯周組織再生療法の臨床研究の現況.歯科臨床研究,5(2): 71-81, 2008.
6 根岸 淳:学ぼう!メタボリックシンドローム4 メタボリックシンドロームと歯周病A−糖尿病との関連を中心に−.DHstyle, 2(12): 26-30, 2008.


原著論文 2008年(平成20年)

1 T Eguchi, G koshy, M Umeda, T Iwanami, J Suga, Y Nomura, M Kawanami, I Ishikawa: Microbial changes in patients with acute periodontal abscess after treatment detected by Pado Test. Oral Diseases 14, 180-184, 2008. PMID:18302679
2 北海道歯学会賞受賞 N Kakudate, M Morita, M Kawanami: Oral health care-specific self-efficacy assessment predicts patient completion of periodontal treatment: a pilot cohort study. J periodontol, 79:1-7, 2008. PMID:18533781
3 八若保孝,加我正行,飯塚 正,山本恒之,佐藤嘉晃,根岸 淳,北川善政,鈴木邦明,森田 学,吉田重光:北海道大学大学院歯学研究科・歯学部におけるFD活動.高等教育ジャーナル−高等教育と生涯学習−.16:153-159, 2008.
4 角館直樹,須貝 誠,森田 学:歯周基本治療の内容別にみた歯科医業収支の比較.口腔衛生学会雑誌,58(3): 184-190, 2008.
5 AV Kaneshiro, S Imazato, S Ebisu, S Tanaka, Y Tanaka, H Sano: Effects of a self-etching resin coating system to prevent demineralization of root surfaces. Dental Materials, 24(10): 1420-1427, 2008. PMID:18407346
6 日本歯科理工学会論文賞受賞 中塚 愛,川村直人,菅谷 勉,川浪雅光:4-META/MMA-TBBレジンと骨との接着の長期安定性.歯科材料・器械,27(6): 455-465, 2008.
7 大谷香織,菅谷 勉,川浪雅光:根尖切除術における切除面の封鎖法の違いが実験的根尖性歯周炎の長期的治癒に及ぼす影響.日歯保存誌,51(6): 648-658, 2008.
8 得永佳介,菅谷 勉,宮治裕史,川浪雅光:コラーゲンハイドロゲル-スポンジ複合体のスキャホールドとしての有効性とBMP併用による骨増生.日歯保存誌,51(6): 659-669, 2008.
9 半田良平,齋藤 彰,齋藤恵美子,本間義之,川浪雅光:半月状歯肉弁歯冠側移動術後治癒の組織学的評価.日歯保存誌,51(6): 670-680, 2008.







著書 2007年(平成19年)

1
根岸 淳,川浪雅光:Periodontal Medicine 17 ストレスと歯周病.鴨井久一,花田信弘,佐藤 勉,野村義明編,Preventive Periodontology,医歯薬出版,東京,152−156,2007.
2 川浪雅光:咬合治療.吉江弘正,伊藤公一,村上伸也,申基封メ,臨床歯周病学,医歯薬出版,東京,74−83,2007.


総説・解説・評論 2007年(平成19年)

1 菅谷 勉:剥離性歯根破折による歯周組織破壊.道歯会通信,683:2-3,2007.
2 菅谷 勉,田中佐織,宮治裕史,富田真仁,長谷川有紀子,川村直人,田中裕子,元木洋史,中塚 愛,川浪雅光,加藤 熈,佐野英彦,Sharanbir K.Sidhu:垂直歯根破折の接着治療.日歯医学会誌,26:47-51,2007.
3 川浪雅光:ペリオドンタルプロービングから歯周治療の方法と予後を見通す−科学的根拠のあることからないことまで−.日歯保存誌,50(6):643-647,2007.
4 菅谷 勉,川浪雅光:基礎と臨床のクロスオーバー 意図的再植法の現状と近未来.The Quintessence,Vol26,No.10,141-148,2007.
5 菅谷 勉:垂直歯根破折に対する口腔内接着後の再接着治療法.道歯会通信,692,6-7,2007.


原著論文 2007年(平成19年)

1 川村直人,菅谷 勉,川浪雅光:動画を用いたHTMLアトラスによる歯周外科手術シミュレーション教育の効率化.日歯保存誌,50(1):62−67,2007.
2 T Yamamoto,T Domon,S Takahashi,KAY Anjuman,C Fukushima,M Wakita:Mineralization process during acellular cementogenesis in rat molars:a histochemical and immunohistochemical study using fresh-frozen sections. Histochem Cell Biol,127(3):303-311,2007. PMID:17043865
3 角舘直樹,品川晴文,森 基,坂梨史朋,藤澤雅子,永山正人:臼歯部咬合面T級窩洞の修復に対する修復法の違いによる医業収支の比較.日本歯科医療管理学会雑誌 41(4):246-253,2007.
4 堀川 元,山本恒之,川浪雅光,田口哲志:TAD-Albumin glueによる象牙質と軟組織との接着.日歯保存誌,50(6):721-730,2007.
5 土屋奈央子,小田島朝臣,山路公造,川浪雅光:骨粗鬆症がBMP-2の骨形成反応に及ぼす影響. 日歯保存誌,50(6):792-798,2007.
6 加藤昭人,宮治裕史,菅谷 勉,川浪雅光:1壁性骨欠損における歯根象牙質表面へのBMP-2塗布による歯周組織再生効果.日歯周誌,49(4):296-304,2007. JST.JSTAGE/perio/49.296
7 角舘直樹,森田 学,藤澤雅子,永山正人,川浪雅光:歯周病患者のセルフケアに対する自己効力感測定尺度の開発−信頼性と妥当性の検討−.日歯周誌,49(4):285-295,2007. JST.JSTAGE/perio/49.285
8 H Miyaji, T Sugaya, K Kato, N Kawamura, M Kawanami: The effects of collagen hydrogel implantation in buccal dehiscence defects in beagles. J Oral Tissue Engin, 5(2): 87-95, 2007. JST.JSTAGE/jarde/5.87
9 角館直樹,菅谷 勉,小野芳男,木村康一,福島千之,藤澤雅子,永山正人,森田 学,野村和夫,川浪雅光:Papillon-Lefevre症候群と診断した姉弟例.日歯周誌,49(3):239-249,2007.
10 角舘直樹,須貝 誠,森 基,坂梨史朋,藤澤雅子,永山正人:抜髄から鋳造歯冠修復までの治療に対する治療部位の違いによる歯科医業収支の比較.日歯医療管理誌,42 (2):137-146,2007.
11 角舘直樹,須貝 誠,藤澤雅子,森田 学:歯科医院における歯冠修復処置と定期歯科健診の歯科医業収支の比較.口腔衛生会誌,57 (5):640-649,2007.
12 鈴木丈一郎,中島啓介,國松和司,高柴正悟,原 宜興,和泉雄一,横田 誠,鴨井久一,小田 茂,福田光男,川浪雅光,野口俊英:歯科学生の歯周病学基礎実習に関わる実態調査.日歯周誌,49(2):162-174,2007.
13 K Yamaji, M Kawanami, A Matsumoto, T Odajima, Y Nishitani, K Iwasaka, K Yoshimitsu, M Yoshiyama: Effect of dose of recombinant human BMP-2 on bone formation at palatal sites in young and old rats. Dent Mater J, 26 (4):481-486, 2007. PMID:17886450


その他 2007年(平成19年)

1
菅谷 勉:治すための質問箱 最新の歯周病について.北海道大学大学院歯学研究科・歯学部・歯科診療センター広報誌 7:25-26,2007.





総説・解説・評論 2006年(平成18年)

1 菅谷 勉:歯根破折による歯周組織破壊.日本歯科評論、761:66(3):56-64、2006.
2 菅谷 勉、加藤 熈:垂直歯根破折の診査・診断・接着治療.日本歯科医師会誌、 58(12):6-16,2006.
3 菅谷 勉:歯周治療における機械的歯面清掃.道歯会通信,679:2-3,2006.


原著論文 2006年(平成18年)

1 長谷川有紀子、富田真仁、菅谷勉、川浪雅光:根尖切除術時に4-META /MMA-TBBレジンでroot-end-sealingした場合の根尖性歯周炎の治癒.日歯保存誌、49(2):282-287,2006.
2 S.Tanaka,T.Sugaya,M.Kawanami,Y.Nodasaka,T.Yamamoto,H.Noguchi,Y.Tanaka,T.Ikeda,H.Sano,S.K.Sidhu:Hybrid layer seals the cementum/4-META/MMA-TBB resin interface.J Biomed Mater Res Part B:Appl Biomater 80B:140-145,2007. PMID:16680694
3 H.Miyaji,T.Sugaya,K.Kato,N.Kawamura,H.Tsuji,M.kawanami:Dentin resorption and cementum-like tissue formation by bone morphogenetic protein application.J Periodont Res,41(4):311−315,2006. PMID:16827725
4 角舘直樹,品川晴文,森 基,坂梨史朋,藤澤雅子,永山正人:歯周治療後のメインテナンス継続患者のプロフェッショナルケアに関する意識調査.日本歯科医療管理学会雑誌,41(3):164-169,2006.
5 根岸 淳,宇野 滋,飯塚 正,佐藤嘉晃,山本恒之,加我正行,森田 学,吉田重光:本学歯学部における「学生による臨床実習評価」の解析.日歯教誌,22(3):257−263,2006.
6 福島千史,山本恒之,脇田 稔,川浪雅光:セメント象牙境の構造と機能に関する組織学的および免疫組織化学的研究.北海道歯誌,27(2):159−171,2006.
7 加藤晶久,吉村善隆,小田島朝臣,川浪雅光:ヒト歯肉由来線維芽細胞におよぼす高濃度ニフェジピンの影響.北海道歯誌,27(2):201−210,2006.
8 石塚良介,宮治裕史,菅谷 勉,川浪雅光:BMP-2とコラーゲンハイドロゲルの歯根象牙質表面への塗布による歯周組織再生.日歯周誌,48(4):255−266,2006. JST.JSTAGE/perio/48.255
9 日本歯周病学会会誌賞受賞 本郷哲也,宮治裕史,菅谷 勉,川浪雅光:BMP-2処理した象牙質表面におけるセメント質様硬組織形成のビスフォスフォネートによる抑制.日歯周誌,48(4):285−296,2006. JST.JSTAGE/perio/48.285





著書 2005年(平成17年)

1
川浪雅光:非外科的処置法 初期治療におけるスケーリング・ルートプレーニングの指針と限界.YEAR BOOK2005 現代の治療指針 全治療分野と欠損補綴,214-215,2005.



総説・解説・評論 2005年(平成17年)

1 根岸 淳:歯周病と糖尿病.治療別冊87、3月増刊号:1424-1426,2005.
2 菅谷 勉、加藤 熈:垂直破折歯根の接着治療法の成績と予後不良症例への対策法. 歯科臨床研究、2(1):32-42,2005.
3 宮治裕史,川浪雅光:BMPの効果的術式.デンタルダイヤモンド,30:102-103,2005.
4 川浪雅光、齋藤 彰、松本敦至、小田島朝臣、山路公造、宮治裕史、加藤 熈:BMPを用いた歯周組織再生療法.歯界展望、2005特別号:247,2005.
5 加藤 熈、菅谷 勉、中塚 愛、川浪雅光:エアースケーラー「エアーソルフィー」 の特徴と使用方法.Dental Magazine、115:22-29、2005.
6 加藤 熈、菅谷 勉、野口裕史、木村喜芳:初期歯根垂直破折への対応.日本歯科評論、757:65(11):133-144. 2005.


原著論文 2005年(平成17年)

1
Negishi J, Kawanami M, Ogami E:Risk analysis of failure of root canal treatment for teeth with inaccessible apical constriction. J Dent.33:399-404, 2005. PMID:15833395
2 齋藤恵美子,島田 顕,齋藤 彰,川浪雅光:歯根膜が根表面に残存している歯根片をin vitroで培養して骨窩洞に移植した後の組織反応.日歯保存誌.48(4): 546-552, 2005.
3 元木洋史、菅谷 勉、川浪雅光:垂直歯根破折の接着治療後に歯周組織に接する レジンの幅が上皮の根尖側移動に及ぼす影響.日歯保存誌、48(5):733-742,2005.
4 辻ひふみ、菅谷 勉、宮治裕史、川浪雅光:骨髄液の移植が骨増生に及ぼす効 果.日歯保存誌、48(6):917-925,2005.
5 下地伸司、菅谷 勉、宮治裕史、川浪雅光:骨髄穿孔とコラーゲンスポンジの骨上への埋植が骨増生に及ぼす効果.日歯保存誌、48(6):926-938,2005.
6 天雲太一、宮治裕史、菅谷 勉、川浪雅光:象牙質表面処理剤の違いがBMP-2による硬組織形成と象牙質吸収に及ぼす影響.日歯周誌、47(4):269-279, 2005. JST.JSTAGE/perio/47.269








著書 2004年(平成16年)

1
宮治裕史,川浪雅光:メインテナンス,財団法人ライオン歯科衛生研究所,歯周病 と全身の健康を考える,医歯薬出版,東京,2004,327-334.


総説 2004年(平成16年)

1
川浪雅光:実践臨床講座−歯周治療編―''やさしい''歯周外科、北海道歯会誌、第59号別冊;19-22、2004.
2 姫野 宏:科学的GAMシャープニングシステムに関する研究-スケーラー関連の調査ならびに実践的なシャープニング方法について-、北海道歯会誌、第59号別冊;87-91、2004.
3 根岸 淳:糖尿病患者の歯周治療.道歯会通信、650、2-3、2004.
4 菅谷 勉、加藤 熈:垂直破折歯根の接着治療法の病理組織学的研究と臨床成績.歯科臨床研究、1(2):6-15,2004.
5 菅谷 勉:1本の歯を残す治療戦略。11.大臼歯の垂直歯根破折に接着治療とGTR法を併用した症例.ザ・クインテッセンス、23(11):130-135,2004.


原著論文 2004年(平成16年)

1
菅谷 勉、加藤 煕:垂直歯根破折による歯周組織破壊と治療法の基礎的研究.歯科臨床研究、1(1):8−17,2004.
2
川浪雅光、佐々木勝、富田真仁、根岸 淳:凍結保存歯の移植・再植-急速保存歯の影響-.歯科臨床研究、1(1):116-117,
2004.
3
飯塚 正、佐藤嘉晃、根岸 淳、宇野 滋、山本恒之、加我正行、森田 学、吉田重光:「学生による授業評価」の結果に影響を与え
る評価項目.日歯教誌,19(2):169-176,2004.
4 Tanaka Y, Sugaya T, Kawanami M. Durability of Adhesion between 4-META/MMA-TBB Resin and Cementum. Dent Mater J.
Vol23 (3); 265-270, 2004. PMID:15510852
5 Hasebe A., Yoshimura A., Into T., Kataoka H., Tanaka S., Arakawa S., Ishikura H., Golenbock D.T., Sugaya T., Tsuchida N.,
Kawanami M., Hara Y.,and Shibata KI. Biological activities of bacteroides forsythus lipoproteins and their possible pathological
roles in periodontal disease. Infect Immun 72(3): 1318-1325. 2004. PMID:14977934
6 山本俊樹、菅谷 勉、川浪雅光. 髄床底穿孔の処置に4-META/MMA-TBBレジンを応用した場合の臨床成績.日歯保存誌,47(4);
543-548, 2004.
7 Negishi J, Kawanami M, Terada Y, Matsuhashi C, Ogami E, Iwasaka K, Hongo T. Effect of lifestyle on periodontal disease status
in diabetic patients. J Int Acad Periodontol 2004; 6: 120-124. PMID:15553978
8 長谷川有紀子、菅谷 勉、川浪雅光.根尖性歯周炎の治癒に対する4-META/MMA-TBBレジンによるroot-end sealing の有効性.
日歯保存誌,47(5);622〜632, 2004.
9 伊部敬介,宮治裕史,菅谷 勉,川浪雅光:BMP-2の歯根象牙質表面への塗布による歯周組織再生. 日歯周誌,46(4):278-
287,2004. JST.JSTAGE/perio/46.278
10 岩坂憲助,根岸 淳,山路公造,川浪雅光:Streptozotocin誘発糖尿病がrhBMP-2による骨形成に及ぼす影響. 日歯周誌,46(4):
266-277,2004. JST.JSTAGE/perio/46.266
11 Tanaka Y, Sugaya T, Tanaka S, Kawanami M:Long-term durability of root-end sealing with 4-META/MMA-TBB resin. Dent
Mater J. 23 (4); 453-456, 2004. PMID:15688706


その他 2004年(平成16年)

1
野口裕史:歯肉縁下う蝕と垂直歯根破折が合併した症例.ザ・クイッテンセンス、Vol.23 No5 2004 、102-108
2 菅谷 勉:歯周病学の発展とプラークコントロール.北海道保険医新聞、536:2,2004.
3 菅谷 勉 : 1本の歯を残す治療戦略.11.大臼歯の垂直歯根破折に接着治療とGTR法を併用した症例.ザ・クインテッセンス、23(11):130-135,2004.








総説 2003年(平成15年)

1
川浪雅光:歯周組織の再生.The BONE,17(1):51-56,2003
2 川浪雅光:歯周組織の再生、日本再生医療学会雑誌、2(2):33-39、2003.
3 菅谷 勉、田中佐織、川村直人、長谷川有紀子、田中裕子:スーパーボンドC&Bを用いたroot-end sealingの臨床.日本歯科評論、63(10)、131-140,2003.
4 菅谷 勉:垂直歯根破折の診断と治療方針.道歯会通信、641、2-3、2003
5 菅谷 勉:垂直歯根破折の口腔内接着法.道歯会通信、642、2-3、2003.
6 菅谷 勉:垂直歯根破折の口腔外接着法.道歯会通信、643、2-3、2003
7 菅谷 勉:垂直破折歯根の接着による治療法.北海道歯学会誌、24:254-256,2003.


原著論文 2003年(平成15年)

1
中根恒治,松本敦至,川浪雅光:中年齢ビ−グル犬にrhBMP-2を応用した場合の歯周組織再生.日歯周誌,45(1):33-42,2003.
2
小神絵里子,松本敦至,川浪雅光:外傷力を加えた実験的歯周炎の進行に年齢が及ぼす影響.日歯周誌,45(1):43-55,2003.
3
M Mizuno, T Miyamoto, K Wada, S Watatani, GX Zhang: Type I collagen regulated dentin matrix protein-1 (Dmp-1) and osteocalcin (OCN) gene expression of rat dental pulp cells. J Cell Biochem, 88(6) :1112-1119, 2003. PMID:12647294
4 A. Saito, E. Saito, M. Kawanami, A. Shimada : Healing in transplanted teeth with periodontal ligament cultured in vitro. Cell Transplant, Vol. 12, pp. 519-525, 2003. PMID:12953926
5 新保るり子、齋藤 彰、加藤元嗣、川浪雅光:口腔内におけるHelicobacter pyloriの存在と上部消化管の感染および歯周炎との関連.日歯保存誌、46(6):828-835,2003.
6 川村直人、菅谷 勉、宮治裕史、川浪雅光:4META/MMA-TBBレジンの硬化条件が組織反応に及ぼす影響.日歯保存誌、46(6):853-859,2003.
7 北海道歯学会賞受賞 E. Saito, A. Saito, M. Kawanami: Favorable healing following space creation in rhBMP-2-induced periodontal regeneration of horizontal circumferential defects in dogs with experimental periodontitis. J Periodontol. Vol. 74. pp. 1808-1815. 2003. PMID:14974824


その他 2003年(平成15年)

1 川浪雅光:YEAR BOOK 2003 現代の治療指針 全治療分野とカリオロジー. 別冊クインテッセンス、236-237、2003.1
2 根岸 淳:歯周病と全身疾患 ―特に糖尿病および高血圧と歯周疾患との関わりをめぐって―.北海道保険医新聞、533:2,2003.







総説 2002年(平成14年)

1
川浪雅光:Bone Morphogenetic Protein (BMP)による歯周組織再生療法-開発研究の現状と未来-.歯界展望,99(3):527-532,2002.


原著論文 2002年(平成14年)

1
菅谷 勉,野口裕史,長谷川有紀子,田中裕子,川浪雅光:歯根端切除時に4-META/MMA-TBBレジンをroot-end sealantとして用いた場合の臨床成績.日歯保存誌,45(1):62-67,2002.
2
坂上竜資,加藤 熈,土田泰之,吉田幾代,堀井毅史,井野秀一,川浪雅光:ブラキシズム自動解析システムの開発.日歯保存誌,45(2):349-355,2002.
3
坂上竜資,加藤 熈,土田泰之,吉田幾代,堀井毅史,井野秀一,川浪雅光:覚醒時の意識的クレンチングの筋活動を基準とした睡眠時ブラキシズムの発現状態.日歯保存誌45(2):356-361,2002.
4
Miyaji H, Sugaya T, Miyamoto T, Kato K, Kato H : Hard tissue formation on dentin surfaces applied with recombinant human bone morphogenetic protein-2 in the connective tissue of the palate. J Periodont Res,37:204-209,2002. PMID:12113555
5
坂上竜資,井野秀一,堀井毅史,加藤 熈,土田泰之,吉田幾代,川浪雅光:携帯型ブラキシズム時間計測装置の開発.日歯保存誌,45(3):576-582,2002.
6
山路公造,小田島朝臣,松本敦至,川浪雅光:リコンビナントヒトBMP-2の濃度が高齢ラットの口蓋部骨形成に及ぼす影響.日歯保存誌,45(4):710-715,2002.
7
T Sugaya, M Kawanami, H Kato :Accessibility of an Ultrasonic Furcation Tip to Furcation Areas of Mandibular First and Second Molars. J Int Acad Periodontol 2002, 132-137, 2002. PMID:12670093
8
T Sugaya, M Kawanami, H Kato :Effects of Debridement with an Ultrasonic Furcation Tip inDegree II Furcation Involvement of Mandibular Molars. J Int Acad Periodontol 2002, 138-142, 2002. PMID:12670094
9
富田真仁,菅谷 勉,川浪雅光:垂直歯根破折に口腔内接着法と口腔外接着・再植法を行った場合の歯周組織の治癒.日歯保存誌,45(5):787-796,2002.
10 加藤勝也,菅谷 勉,宮治裕史,川浪雅光:骨髄幹細胞のためのスキャホールドとして移植したスポンジ状コラーゲンの組成と濃度が骨欠損の治癒に及ぼす影響.日歯保存誌,45(6):1032-1043,2002.
11 宮本哲朗,水野守道,田村正人,川浪雅光:ラット骨髄間質細胞のI型コラーゲンゲル内三次元培養における骨芽細胞関連遺伝子群の発現誘導.Jpn J Oral Biol,44:530-540,2002.
12 Sakagami R, Horii T, Ino S, Matoba K, Kato H, Kawanami M :Development of portable bruxism monitoring and analysis device equipped with microcomputer and its practical application. Frontiers Med Biol Engng, 11(4) : 295-306, 2002. PMID:12735429
13 堀井毅史,坂上竜資,川浪雅光:携帯式ブラキシズム診断記録装置の開発と夜間ブラキシズム診断への応用.日歯保存誌,45(6):1049-1056,2002.
14 西村浩司,小田島朝臣,川浪雅光:rhBMP-2による歯周組織再生と骨性癒着抑制法の長期的評価.日歯周誌,44(4):376-386,2002.


その他 2002年(平成14年)

1
川浪雅光:困ったときのQ&A 歯牙移植の適応症にはどのようなものがありますか.デンタルフロンティアQA,18:59-60,2002.