北海道大学

大学院歯学研究院・大学院歯学院・歯学部

生体材料工学教室

1.マイクロ・ナノパターンのバイオ応用:
生体組織は、マイクロとナノの階層構造を構築し、驚くべき機能を発現しています。これを模倣して、バイオマテリアルでマイクロ・ナノパターンを調製し、強い細胞接着や殺菌効果などの機能を持つ表面を創製することにより、今までなかった高機能材料・医療機器を開発します。

2.生体/材料界面の解析・制御と高次医用材料の開発:
歯質接着理論を基に分子設計したリン酸化プルランは、生体硬組織に対して強固に接着する機能性多糖誘導体です。抗菌物質を歯に運ぶ口腔ケア製品から、接着 性を有した骨補填材、 感染防御型インプラント、DDSなど様々な医用材料の高機能化が可能であり、医科への用途拡大を行っています。

3.ナノ物質生体反応の探求:
材料がマクロからミクロ、ナノサイズへと微細化すると、体内侵入・全身拡散性の向上とともに、表面積の増大に伴う生体反応誘発性の増加や、機能性転換が起 きるようになります。この高機能化は一方で、生体為害性として発現する可能性も内在しています。そのような生体にとって未知の反応・応答の究明を試みます。

4.材料評価系としての培養モデル構築:
生体材料の研究分野において、材料と生体組織との親和性を的確に評価できる培養モデルが望まれています。そこで、生理的応答能を発揮し得る培養モデルの構築を目指し、マイクロ流体デバイスを用いた培養モデルを作製し、材料の評価を試みます。

〒060-8586 北海道札幌市北区北13条西7丁目 北海道大学大学院歯学研究院・大学院歯学院・歯学部