北海道大学

大学院歯学研究院・大学院歯学院・歯学部

口腔生理学教室教室

生体のホメオスタシスにおける口腔機能の意義について明らかにすることを目指して研究を展開している。特に摂食行動および嘔吐の神経性調節機序について神経科学の見地から次のような研究を行っている。

1.脳スライスを用いたイオンチャネルおよびレセプターの研究
主としてラット新鮮脳スライス標本を用いて,神経連絡,伝達物質,薬物感受性,イオンチャネルおよびレセプターの活性と単一ニューロンの活動制御,細胞形態などの解析を行っている。また,味覚などを覚えるための,記憶学習の脳内メカニズムに関する研究にも取り組んでいる。

2. 免疫組織化学的研究法による脳機能解析
c-Fosタンパクの発現を免疫組織化学的に定量することで,脳内活動部位の同定を行うことができる。この手法を用いて,制吐作用のある麻酔薬や各種薬剤の中枢神経系に対する効果について解析を行っている。

3.非侵襲的計測法による脳機能解析
脳磁図およびfMRIなどの非侵襲的計測法を用いて脳機能の解析を行っている。特に口腔感覚が投射する大脳皮質領域に着目して研究を行っている。

4. 行動科学的研究法による情動行動の解析
顎顔面口腔領域の感覚および機能と情動行動との相互連関について明らかにするためにオペラント行動の解析を行っている。

〒060-8586 北海道札幌市北区北13条西7丁目 北海道大学大学院歯学研究院・大学院歯学院・歯学部