北海道大学

大学院歯学研究院・大学院歯学院・歯学部

口腔分子微生物学教室

 PRRs(pattern-recognition receptors)は自然免疫系で微生物の侵入を感知し, 炎症性サイトカインやインターフェロン産生を誘導する. PRRsとして細胞膜ならびに細胞内小胞膜にはTLRs(toll-like receptors)が存在し, 細胞質にはNLRs(NOD-like receptors), RIG-I(retinoic acid-inducible gene-I)などが存在している(図1). 私達はこれまでにTLR2/TLR6の複合体で認識されるリポタンパク質生物活性について研究し, これまでに細菌貪食能の亢進活性,免疫担当細胞のアポトーシスの誘導活性,さらにはガン細胞の増殖抑制活性を明らかにしている.
 最近, 私達は細胞質に存在する代表的なPRRsであるインフラマソームと炎症性疾患との関連性に注目している.インフラマソームはNLR, ASC (the adaptor protein apoptosis-associated speck-like protein containing a caspase recruitment domain)ならびにprocaspase-1からなる三分子複合体で, 多様な生理活性をもつ炎症性サイトカインのひとつであるIL-1βならびにIL-18 の産生を制御する細胞内センサーである.
 私達はこれまでに感染性心内膜炎の病原体でStreptococcus sanguinisがNLRP3インフラマソームを活性化し, また, その活性化機構を明らかにすることにより感染性心内膜炎の病因論の新たな一面を明らかにしている(図2). さらに, 口腔マイコプラズマであるMycoplasma salivarium , 代表的な口腔真菌であるCandida albicans, さらに, 歯周病原細菌であるAggregatibacter actinomycetemcomitansによるインフラマソームの活性化機構についても研究している.
 このように, 私達は微生物の有する病原因子ならびに微生物の侵入を感知する自然免疫系のセンサーの研究によって口腔の炎症性疾患の病態解明を目的として研究している.

〒060-8586 北海道札幌市北区北13条西7丁目 北海道大学大学院歯学研究院・大学院歯学院・歯学部