北海道大学

大学院歯学研究院・大学院歯学院・歯学部

歯周・歯内療法学教室

 当教室では歯周病,歯内療法,垂直歯根破折歯に関する基礎および臨床研究を行っている。
 歯周病に関しては,periodontal tissue engineering の概念に基づいて失われた歯周組織を再構築させる研究を行っており,FGF-2などのgrowth factorを用いた研究,細胞の足場(スキャフォールド)の研究,ナノカーボンや高分子マトリックスを応用した研究,細胞付着に有利な根面処理に関する研究など,in vitro,in vivoの多方面から研究を行っている。
 歯内療法では,歯根端切除術や再植術などの外科的歯内療法時に,接着性レジンを用いて逆根管充填(root-end sealing)する方法や,垂直歯根破折歯を接着して治療する研究を行っている。接着性レジンの象牙質,セメント質への接着性,生体内安定性,再植における根面処理などin vitro, in vivoの実験を進め,これらの成果に接着技術や再植術を応用して,すでに臨床研究に発展させており,保存不可能とされてきた多くの歯内疾患や歯根破折歯の治療に成功している。特に垂直歯根破折歯の治療では,抜歯がスタンダードとされている中で接着治療の成功率は着々と高まっており,圧倒的な臨床成績を収めている。
 また,さまざまな再生療法や顕微鏡を用いたマイクロサージェリー,審美歯周外科などの臨床研究も行っている。
 当教室では大学院生の研究教育を非常に重視しており,また大学院生の自主性を尊重し,これらの研究分野に限らず新たな研究への挑戦や探究心を歓迎する。

〒060-8586 北海道札幌市北区北13条西7丁目 北海道大学大学院歯学研究院・大学院歯学院・歯学部