歯科保存学教室

教室キーワード
う蝕学, 保存修復学, MI, 接着歯学, 修復材料, TEM, SEM, 歯髄生物学, ナノテクノロジー, 新型コロナウイルス
教室ウェブサイト

 歯科保存学教室でおこなっている研究は, う蝕で削った歯を修復する材料の性能や耐久性の評価, 歯の漂白材料の開発や色に関する審美歯科分野の研究, 歯髄保護に関する基礎的研究など, 多くは臨床に直結するテーマでおこなっている. さらに, 新型コロナウイルスへの感染予防に貢献すべく, 抗菌成分であるCPC(塩化セチルピリジニウム)含有洗口剤の効果についての研究も行っている. また, これまでに当教室の研究を通して, 特許取得や,大学院生が新規事業を立ち上げ企業した実績もあり, 研究を通して様々な分野へ挑戦できる環境を有している.

 その他, 当教室は, 教員をはじめ大学院生には様々な国からの研究者が集結しており, 非常に国際色豊かな人材が揃っていること, また世界のトップリサーチャーたちとの交流も盛んであることが特色である。

今後も、北大の歯科保存学教室のパフォーマンスを向上させ, 世界に翔けるような若い力を求めている.