北海道大学

大学院歯学研究院・大学院歯学院・歯学部

冠橋義歯補綴学教室

 冠橋義歯補綴学を中心に,歯科および関連領域の課題解決に向けて,常に臨床へのフィードバックを念頭に置いた研究に取り組んでいる.

1)顎口腔機能:超小型ウェアラブル筋電計を用いた日中や睡眠中の歯ぎしり(ブラキシズム)の実態解明,ブラキシズム診断システムの実用化によるテーラーメイド型診療体制の確立への取り組み. 睡眠時無呼吸症侯群(SAS)とブラキシズムの関連性の検討,SASの歯科的なスクリーニング法,脳磁図(MEG)を用いた咬合感覚に関する脳活動イメージングの取り組み.

 2)歯科用CAD/CAMシステム・3Dプリンタ(積層造形技術):新たな設計手法,3次元データの取り扱い方,実体を出力する方法など,新世代のシステムのあり方の模索. 積層造形技術の手術シミュレーション用模型やクラウンブリッジ,顎顔面補綴物の作製など,様々な医療への応用の研究.歯肉に覆われた歯の部分の光学印象法の新たな展開の試み.

3)顎変形症・顎顔面補綴:顎変形症等で外科的矯正術を施行する症例に対して, 他科とのチームアプローチを行い,その治療結果,傾向などを継続的に学会等で報告している.生体再建が困難な軟組織欠損(耳,鼻,眼等の顎顔面部や手指)に適用するシリコーン・エピテーゼの材料,色調等に関する研究を行っている

 4)顎関節:顎関節症に伴う下顎頭変化と下顎位変化の臨床的研究のほか,変形性顎関節症に関する生化学的,解剖学的研究,摂取食物の変化が顎関節に及ぼす影響などについて基礎系の教室との連携をはかり研究に取り組んでいる. 

5)歯周組織・顎骨欠損部の再建:広範囲な歯周組織欠損や顎骨欠損部に対する組織誘導のメカニズム解析とスキャホールドを応用した再生の研究

〒060-8586 北海道札幌市北区北13条西7丁目 北海道大学大学院歯学研究院・大学院歯学院・歯学部