口腔機能補綴学教室

教室キーワード
有床義歯, デンタルインプラント, カーボンナノ物質, 応力解析, 全身と咬合, 補綴治療の予後と効果
教室ウェブサイト

当教室では,失われた歯や口腔組織の形態と機能の回復を目的とし,以下に示す基礎研究と臨床研究を行っている.

1)有床義歯およびインプラントに関する力学的解析:有限要素法による義歯やインプラントなどの補綴装置ならびに残存組織の応力解析,シミュレーション模型を用いての3次元座標計測や種々のセンサを利用した補綴装置の力学的解析.

2)カーボンナノ物質の生体材料への応用:カーボンナノチューブに代表されるカーボンナノ物質に対する生体反応の解明とデンタルインプラントや骨再生を目的とした生体材料への応用.

3)咬合と全身との関連:身体重心動揺と咬合の動的解析による咬合が全身に与える影響と全身が咬合に与える影響の解明.

4)デンタルインプラントに対する生体反応:チタンの表面処理に関する材料学的ならびに組織学的研究.咬合負荷がインプラント周囲の骨形成におよぼす影響の解明.

5)補綴治療に関する臨床的研究:有床義歯やデンタルインプラントによる補綴治療に関する予後や治療効果に関する研究.補綴装置や残存組織の予後,ならびに欠損補綴治療が咀嚼能率,咬合力,患者満足度などに与える影響の解析.