北海道大学

大学院歯学研究院・大学院歯学院・歯学部

口腔機能解剖学教室

サケ破歯細胞のCG三次元像

μCTにより再構成したヒト大臼歯

唾液腺における細胞分裂の透過型電子顕微鏡像

当教室が担当する主な担当授業科目は歯学部2年次開講の「歯の解剖学」、「解剖学・口腔解剖学」、「人体解剖実習」です。

当教室で行っている研究は「歯・口腔に関連する生理的・病理的諸現象のメカニズムの解明」であり、主に動物実験や歯、培養細胞を用いた研究を行っています。

解析手段は様々であり、光学顕微鏡、組織化学、免疫組織化学、走査型・透過型電子顕微鏡、マイクロCT、コンピューター・グラフィック(CG)といった形態学的手法を中心として行っています。

現在、当教室で行われている主な研究テーマは以下です。
 ( )は担当者です。

・「破骨細胞・破歯細胞に関する研究」(土門) 
・「多生歯性の歯の交換様式」(土門)
・「成長期におけるソフトフード長期摂取が口腔領域に与える影響」(髙橋)
・「歯の人類学」(森田)

〒060-8586 北海道札幌市北区北13条西7丁目 北海道大学大学院歯学研究院・大学院歯学院・歯学部